シャワーと同じ感覚になり、しないと気持ち悪い


Rika/47歳/女性

アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島
自営業

—— 最初に10日間コースを受けたのはいつごろ、どのセンターですか?
2009年3月、ハワイ島(センターではなく仮施設と各自持参のテント宿泊)。
—— 休みはどのようにして取りましたか?
自営業なので融通がききました。
—— どうして行こうと思いましたか?
以前から興味があったヴィパッサナー瞑想の合宿が、近く(島内)で行なわれることを知ったので。
—— どういうきっかけでJVAを知りましたか?
インターネットで何を検索していたのかは憶えていませんが、気づいたら行き着いてました。
—— ほかの瞑想方法(ヴィパッサナーを含む)は検討しましたか?
   もしくは、試したことはありますか?
いいえ。
—— 最初のコースを終えて、何か変わりましたか?
痛みを見つめることによって、その場で痛みが消えるだけでなく、ダンスによって痛めた長年の痛み(膝や股関節など)が、10日間合宿のあとに消えました。書く文字、夢の変化も興味深かったです。

2回目の合宿では、一度耐え難いほどの腹痛があったのですが、それをアニッチャーの心持ちで客観的に観察することによって、鋭い痛みがそこに在りながら、自分の中に静寂と平安だけがある……痛みと快・不快、または痛みと幸・不幸は関係ないことに気づきました。また、帰ってきてからの気づきですが、意識が思考を生む瞬間、同時に体のどこかになんらかの感覚が起こることに気づいています。
—— コースから戻ったあと、周囲の人たちから何か言われましたか?
「顔の肌がツルツルになった」「雰囲気が一皮むけた」など、肯定的に捉えられることが多いです。
—— またコースに参加してみたいと思いますか?
はい。1年に1度など、定期的に参加できたらいいなと思います。
—— これまで10日間コースに何回参加しましたか?
   複数ある場合は、およその時期を教えてください。
2010年10月、千葉ダンマーディッチャーで2度目のコースに参加しました。  
—— 日々の瞑想は実践していますか?
だいたい1日1回1時間、時間がある日には1日2回以上しています。逆に時間がないときは、1回の時間を短縮しています。忙しくて気づいたら夜になっているような日は、瞑想をしないでそのまま寝ることもあります。
—— 続けるときのポイントや工夫していることはありますか?
短い時間でもいいので日々継続していると、シャワーと同じ感覚になり、しないと気持ち悪いと感じるようになるので、日常スケジュールの一貫になりやすいと思います。
—— 周囲の人にコース参加を勧めたことはありますか?
興味を持っていると感じる人には勧めています。
—— 瞑想をしていることについて、
   友人や家族など、周囲に人にどう思われていますか?
夫は「健康的でいいと思う。自分もいつかやってみようと思う」と言っています。友人たちもスピリチュアルなことに興味がある人がほとんどなので、瞑想をやらない(または、やったことがない)人でも、関心は高いようです。
—— 一日瞑想会やグループ瞑想会に参加したことがありますか?
   ない場合、参加しようと思いますか?
1日瞑想会に2回。グループ瞑想会に数回参加したことがあります。
—— 意見交換など、横のつながりの必要性は感じますか?
   ある場合、どんなところに期待しますか?
疑問が沸いたり、行きづまりを感じたときに、解決の糸口になったり励みになると思うので、横の繋がりが必要だと感じる人にとっては有益だと思います。
—— コースに参加して、改善してほしいことはありましたか?
遅れてセンターに到着する人のために、タクシーで行くときの地図があったら助かるかもしれません。(千葉のセンターは、タクシーの運転手さんにも解らずらかったようです。)
—— サーバー(奉仕)をしてみようと思いますか?
はい。まだ1日中瞑想することに憧れはありますが、サーバーもしたいと思います。




     Copyright 2010-2012 vipassana.jp All rights reserved.

たった十日間で本来の自分を取り戻せます。ブッダが悟りを開くきっかけになったヴィパッサナー瞑想のなかで、日本ヴィパッサナー協会(JVA)が行なっている十日間コースの参加者を対象に、コース参加前後でどのような変化があったのかを聞く。