涙が出るほどの激痛が、ただ見ているうちに消えた


翁春玉/61歳/女性

千葉県千葉市
主婦(翻訳家)
wongegg◎hotmail.co.jp ※迷惑メール防止のため、◎を@に変えてください。

—— 最初に10日間コースを受けたのはいつごろ、どのセンターですか?
2010年10月、ダンマーディッチャ。
—— 休みはどのようにして取りましたか?
主婦なので自由です。
—— どうして行こうと思いましたか?
ヴィパッサナーは、自分にとって必要だから。
—— どういうきっかけでJVAを知りましたか?
10年ほど前、マハーシ系の瞑想センターに行ったとき、ネパールでゴエンカ式のコースに参加したという人に会い、その人から聞きました。
—— ほかの瞑想方法(ヴィパッサナーを含む)は検討しましたか?
色々知っていました。
—— もしくは、試したことはありますか?
タイの森林寺院でアーナパーナを習い、日本でマハーシを、ビルマのパオで、アーナパーナ(サマタ)と四界分別観をしたことがあります。
—— 最初のコースを終えて、何か変わりましたか?
コースで座っているとき、身体の芯の所が非常に痛くなりました。涙が出るほどの激痛でしたが、ただ見ているうちにそれは消えました。重いカルマがひとつ消えたかもしれないと思うと、嬉しいです。そして、「ただ見ていることの重要性」を痛感しました。
—— コースから戻ったあと、周囲の人たちから何か言われましたか?
修行は25年やっているので、家族はいまさら、何もいいません。
—— またコースに参加してみたいと思いますか?
思います(すでに、2011年1月分を申し込みました)。
—— これまで10日間コースに何回参加しましたか?
   複数ある場合は、およその時期を教えてください。
1回。
—— 日々の瞑想は実践していますか?
しています。
—— 続けるときのポイントや工夫していることはありますか?
ただ続けるのみ、です。
—— 周囲の人にコース参加を勧めたことはありますか?
あります。(息子たちに)
—— 瞑想をしていることについて、
   友人や家族など、周囲に人にどう思われていますか?
勝手にどうぞ。または、物好き。
—— 一日瞑想会やグループ瞑想会に参加したことがありますか?
   ない場合、参加しようと思いますか?
参加したことはありません。たぶん、参加しないと思います。
—— 意見交換など、横のつながりの必要性は感じますか?
   ある場合、どんなところに期待しますか?
横の繋がりの必要性は、あまり感じません。情報過多はよくないと思います。
—— コースに参加して、改善してほしいことはありましたか?
最後の日に「沈黙行解禁」となりますが、個々人が勝手に話すより、「コース中こんなことがありました」という体験を分かち合った方がいいと感じました。ただし、「修行体験について自慢のしあいになるのを避けるべきだ」というのなら一理あります。最後の締めとして、先生から「そういう体験をしてよかったですね」とか、もう少しアドバイスがあってもいいと思います。
—— サーバー(奉仕)をしてみようと思いますか?
少し思っています。
—— その他、何かあれば
なにごともコツコツと。修行者同士で、群れないこと。他の宗教、宗派も尊重すること(自分の所だけが一番、なんてことはありえません)。


回答時期/2010年12月  | 関東 | 60代 | 女性  ↑このページのトップへ


     Copyright 2010-2012 vipassana.jp All rights reserved.

たった十日間で本来の自分を取り戻せます。ブッダが悟りを開くきっかけになったヴィパッサナー瞑想のなかで、日本ヴィパッサナー協会(JVA)が行なっている十日間コースの参加者を対象に、コース参加前後でどのような変化があったのかを聞く。