自分の内面と向き合いたいと思っていた


寺岡比呂子/36歳/女性

東京都大田区
セラピスト
http://fureru.sunnyday.jp/

—— 最初に10日間コースを受けたのはいつごろ、どのセンターですか?
2010年10月13〜24日、千葉のダンマーディッチャ。
—— 休みはどのようにして取りましたか?
前職を辞めて時間に余裕がありました。
—— どうして行こうと思いましたか?
これからの仕事や生き方の方向性を考える時間が十分にあって、とことん自分の内面と向き合いたいと思っていたところ、タイミングよく数回参加したことのある知人に勧められました。
—— どういうきっかけでJVAを知りましたか?
参加したことのある知人の勧めでサイトを紹介されました。
—— ほかの瞑想方法(ヴィパッサナーを含む)は検討しましたか?
いいえ、勧められた瞑想法がこのゴエンカ氏のヴィパッサナーでした。
—— もしくは、試したことはありますか?
いいえ、ただコース参加後、ティック・ナット・ハン氏の瞑想法に参加しました。(ヴィパッサナー瞑想、ティック・ナット・ハン氏の瞑想共に体験された方の勧めで)
—— 最初のコースを終えて、何か変わりましたか?
昔親しくしていた人々との再会が続きました。
クライアントへの施術、カウンセリングが非常に落ち着いて出来ました。
新しい仕事のプロジェクトに参加が決まりました。
人との関わりで常に自分の心が落ち着いているのを感じ、
良い流れで事が進んで行きました。
—— コースから戻ったあと、周囲の人たちから何か言われましたか?
顔がすっきりした(少し痩せた)。
眼に深みが出た。
雰囲気が変わった。
—— またコースに参加してみたいと思いますか?
はい、半年に一回は参加したいです。旅行先での海外コース参加もしたいです。
—— これまで10日間コースに何回参加しましたか?
1回
—— 日々の瞑想は実践していますか?
最初の1〜2週間は早朝瞑想(30分ヴィパッサナー、30分yogaの割合)、夜の入浴中での瞑想は続きましたが、寒くなってきて朝は出来ていません。
—— 続けるときのポイントや工夫していることはありますか?
家族と一緒に住んでいるので、テレビや時計の音を遮るために耳栓を使用しています。マイ座布団とブランケットを決めています。
—— 周囲の人にコース参加を勧めたことはありますか?
はい、クライアントの方々、友人等。
—— 瞑想をしていることについて、
   友人や家族など、周囲に人にどう思われていますか?
特定の信仰を持つ母には瞑想をあまり理解されていないようです。食生活も少し変わり(牛、豚肉、揚げ物をあまり食べなくなり)、母は献立作りに悩んでいます。妹、周囲の友人には、とてもよく思われています。
—— 一日瞑想会やグループ瞑想会に参加したことがありますか?
   ない場合、参加しようと思いますか?
はい、参加後すぐの一日瞑想会に参加しました。
—— 意見交換など、横のつながりの必要性は感じますか?
   ある場合、どんなところに期待しますか?
はい、非常に感じます。
—— サーバー(奉仕)をしてみようと思いますか?
はい、時間の許す限り参加したいと思います。


回答時期/2010年11月  | 関東 | 30代 | 女性  ↑このページのトップへ


     Copyright 2010-2012 vipassana.jp All rights reserved.

たった十日間で本来の自分を取り戻せます。ブッダが悟りを開くきっかけになったヴィパッサナー瞑想のなかで、日本ヴィパッサナー協会(JVA)が行なっている十日間コースの参加者を対象に、コース参加前後でどのような変化があったのかを聞く。